必要な資格、運転免許

タクシードライバーとして働く

人を運ぶ仕事と言えば、まず最初に思いつくのがタクシードライバーという人は多いでしょう。全国各地にタクシーは走っており、利用した事がある人は多いはずです。このタクシードライバーの仕事をするためには、誰でも手軽になれるわけではありません。 基本的には、タクシードライバーになるためには、二種免許取得が必要です。そしてこの受験資格は年齢21歳以上という条件があります。さらに第一種免許を取得してから3年が経過していないといけません。 また、これはタクシー会社によって異なりますが、場合によっては別途試験が設けられていて、これに合格することが条件となっているところもあります。 この点さえクリアしていれば、タクシードライバーとしてタクシー会社で働くことができます。

二種免許を持っていない場合は

それでは、二種免許を現時点で持っていないけれど、タクシードライバーとして活躍したい人はどうすれば良いでしょう。この場合は、まずは研修制度が充実しているタクシー会社を探すことからスタートします。
タクシー会社によっては、研修制度が充実していて二種免許取得するまで手当を出してくれるところがあります。ですから、サポートを受けながら二種免許を取得できるわけです。
また、インターネットで調べてみるとタクシー求人専門のサイトがあり、そこの担当者に相談することで、色々とアドバイスをもらうことも可能です。もちろん、費用は一切かかりませんので、安心して相談することが可能で、タクシー会社への就職に一役かってくれます。